妊婦もディズニーリゾートを楽しみたい!楽しみ方を教えます!

妊娠し喜んだのもつかの間、辛いつわりがやってきますよね。つわりが終わったらディズニーに遊びに行きたい!

と思ったことはありませんか?子どもが生まれるとなかなか旅行に行くのも大変になります。

そこで、安定期に入り落ち着いたところでディズニーを楽しむ方法をご紹介します!

 

◇ゲストアシスタントカードを利用しよう

ゲストアシスタントカードとは体の機能が低下し(一時的な場合も含む)、何らかのお手伝いを必要とする方のための制度です。

例えば障害などがありアトラクション等の列に並ぶことが困難な場合、別の場所で待機する事が出来るようなります。

妊婦も同様でずっと列に並び続けるのは大変ですよね。その際は利用する施設(アトラクションやグリーティング)にいるキャストさんに声をかけるとアシスタンスカードを貰えます。

 

以前は同一グループで別場所にて待つことができましたが、2019年1月7日より制度がかわり身体障害者手帳、精神障害者手帳、療育手帳のいずれかをお持ちのグループの場合アトラクションは6名まで、グリーティングは10名まで利用可能です。

しかし手帳を持っていないグループは列に並ぶことが困難な方本人のみに限り列を離れて待つことが可能です。

つまり妊婦の方のみが列を離れて待機、他の方は列に並ぶ事が必要です。以前とは変わっているので注意が必要です。

 

うまくアシスタンスカードを使い、負担を軽減して楽しんでください!

詳しくはディズニー公式ホームページのバリアフリーのページに記載があるので参考にしてくださいね。

 

◇乗れるアトラクションを事前に確認しておく

妊婦は絶叫系のアトラクションに乗ることが出来ません。どのアトラクションが乗れるのか確認してから行くことをオススメします。意外と乗れないアトラクションは少なくランドは5個、シーは6個だけなのでほとんど今まで通り楽しむことが出来ると思います。

 

◇グリーティングやショーを楽しむ

パーク内はアトラクションだけではなく、キャラクターと写真を撮ったりショーを見たりと楽しいことはたくさんあります。

キャラクターのグリーティング施設もありますが、パーク内を歩いているとキャラクターが会いに来てくれていることもあります!またランドにはショーレストランは2か所あり、昼と夜で出てくるキャラクターが変わります。

予約必須なので行く際は予約開始とともに頑張って予約してみて下さい!食事しながらキャラクターに会えるのは贅沢ですよね。

 

またショーはランドのパレードやシーの水上で行われるショーだけではなく、パーク内にショースペースが何個も用意されています。中には抽選が行われているものもあり、あたるとラッキーですね!

キャラクターが出演するショーだけではなく、一見普通の清掃のキャストさんに見えてパントマイムなどをしてくれる「ファンカスト」というキャストさんに出会えるかもしれません!

ファンカストさんとハイタッチをすると、どこかから効果音が流れてくる。

 

とっても不思議で面白いキャストさんや、ブラスバンドなどに出会えるのもパークの魅力です。ファンカストさんはシーで会えますが、いつどこに現れるかはわからないので出会えると感動しますよ!

普段、絶叫系のアトラクションによく乗る方はいつもと違った楽しみ方が出来るので新鮮な気持ちで楽しめると思います!

 

◇食べ歩きを楽しむ

パーク内ポップコーンやチュロスがいろんなところで販売されていますよね!

しかしそれだけではなく、パーク内でしか食べることが出来ない可愛くておいしい食べ物がたくさんあります。体重の事は気になりますが、たくさん歩く分きっと大丈夫です!(笑)

シーで販売しているギョウザドッグは有名ですよね!私はポークライスロールが好きでよく食べます。

期間限定のスナックや、ドリンクもあるのでTODAYなどで確認して食べてみて下さい!

まとめ

いかがでしたか?妊婦でも以前と同様にパークを最大限楽しむことができます。

しかしいつもとは違うので、無理をしないことが一番です!

ゆっくり散歩しながらキャラクターに会ったり食べ歩きを楽しんだり。いろんな楽しみ方が出来るディズニーだからこそ可能!

次は子どもが生まれたら一緒に来るのを想像しながらパークを周るのも楽しいですよね。

ベビーグッズも販売しているので、これから迎える赤ちゃんにお土産を買って帰るのもいいですね!無理せずパークを楽しんでくださいね。