東京ディズニーランドのアトモスフィアを徹底ガイド!【前編】

東京ディズニーリゾートでここ数年、話題となっているアトモスフィア。パークで行われている数多くのショーのなかでもこのアトモスフィアは、公演時間が公表されていないことから「遭遇できたらラッキー!」というレア感が味わえるとっても魅力的なイベントなんです!

今回は東京ディズニーランドで行われているアトモスフィアを徹底ガイド!前編である本記事では、全10種類あるうちの5つをご紹介します!

そもそもアトモスフィアってどんなもの?

アトモスフィアとは、パーク内で突如行われる小規模なショーのことで、公演時間などの詳細な情報は公表されていないシークレットイベントです。本格的な音楽やダンスを間近で鑑賞することができたり、参加型のパフォーマンスではパフォーマーと一緒になって盛り上がることができます!

現在、東京ディズニーランドで楽しめるアトモスフィアは10種類となっています。

 

ユニークなキャラクターが大人気!ファン・メンテナンス

アトモスフィアの中でも特に人気の高いこの「ファン・メンテナンス」は、パークのメンテナンスを行っていたはずのキャストさんが突如繰り広げるとってもユニークなパフォーマンスです。

様々な仕掛けや音、不思議な動きで 多くのゲストを笑いの渦に巻き込みます!なかにはゲストにちょっかいを出してからかったりするイタズラ好きなキャストさんもいて、そのお茶目さに思わずハマっちゃう人が続出しているみたいですよ(笑)

 

【主な出現場所】パークワイド、パレードルート、その他

 

ダイナミックなダンスにびっくりしちゃう!ブレイクビート・ダンサーズ

「ブレイクビート・ダンサーズ」は、普段パークの清掃をしているキャストさんとゲストの誘導やご案内をしているキャストさんが突然アクロバティックなダンスを披露するショーです。

ヒップホップ調にアレンジされたディズニーの音楽に合わせて繰り広げられるダンスはより一層ゲストを盛り上げてくれます。特に、小柄な女性のキャストさんが披露する豪快なアクロバットは必見ですよ!

 

【主な出現場所】パークワイド、パレードルート、その他

 

豪華な演奏でパークの雰囲気が格段にup!東京ディズニーランド・バンド

超本格的な演奏でパークの雰囲気を盛り上げてくれる「東京ディズニーランド・バンド」。

「ミッキーマウス・マーチ」をはじめとするおなじみのディズニーソングを約7種類もの楽器で演奏する様子を目の前で鑑賞することができ、その豪華な音色にはうっとりしてしまいます!

さらに、かっちりとした衣装に身を包んだパフォーマーの一糸乱れぬマーチングに痺れること間違いなしのショーです!

 

【主な出現場所】ワールドバザール、エントランス、プラザテラス周辺

【上演時間】約20分

 

弾むような音楽とトークに気分もノリノリ!バイシクルピアノ

このアトモスフィアは、陽気な外国人パフォーマーのスティーブさんが三輪自転車とピアノが一体となった「バイシクルピアノ」に乗り、ラグタイムピアノを演奏するショーです。

演奏曲はその日によって異なり、レパートリーは把握されているだけでも約40曲ほどあります。なかには「川の流れのように」といった日本の名曲も含まれているんですよ!

チェックの衣装に身を包み、軽快なテンポの音楽を奏でながらワールドバザール内を移動するスティーブンさんは、トーク力も抜群!明るく気さくなやりとりでゲストの心を一瞬で掴んでしまいます。運が良ければ、演奏後にスティーブさんと一緒に写真が撮れるかも!

 

【主な出現場所】ワールドバザール内

【上演時間】約20分

 

色気のある音色に酔いしれちゃう!サックス・フォー

「サックス・フォー」は、その名の通り「東京ディズニーランド・バンド」のサックスメンバー4人がカルテットを組んで演奏するショーです。実はこの4人のメンバー、普段はワールドバザールを炎から守る勇敢な消防士たちで、ショーの時だけな消火器をサックスに持ち替えて素敵な演奏を披露してくれるんです!

4種のサックスによる演奏は「東京ディズニーランド・バンド」とはまた違った音色で、ちょっぴり大人なアメリカの街並みをより一層引き立ててくれます。

【主な出現場所】ワールドバザール内

【上演時間】約10分

 

まとめ

今回は、東京ディズニーランドで行われているアトモスフィアを徹底ガイド!ということで、まずは全10種類あるうちの5つをご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

どれも魅力的なものばかりで、全部観たくなっちゃいますよね!ほとんどのアトモスフィアは、開園後から日没前までの時間に公演されているので、アトモスフィアを目的に楽しみたい場合は早めの入園がオススメです!

個人的には特に10時から14時ぐらいの間に遭遇する率が高いような気がしますが、あくまでも個人の感想なのでご参考程度に留めていただけると幸いです(笑)

また、どうしても観たいものがあるという方は事前にインターネットなどでリサーチしたり、ダメもとでキャストさんや「メインストリート・ハウス」で聞いてみると良いかもしれません!

後編では残りの5つをご紹介したいと思いますので、お楽しみに!