見ごたえたっぷり!紅葉もきれいなスポット「曼殊院」「南禅寺」

日本に住んでいると身近な場所にも神社やお寺があります。

しかし国内旅行でどこへ行こうと計画するのに旅行雑誌でも神社仏閣に目が行ってしまうのはなぜなんでしょうか。

 

何を求めてその地に行くかは人それぞれです。心を落ちつかせに行くのも良し、その歴史を感じるのも良し。

 

神社や仏閣を紹介するこのシリーズ!

今回は、曼殊院と南禅寺。どちらも、京都府京都市にあります。

 

知れば思わず立ち寄りたくなってしまうような魅力溢れる曼殊院と南禅寺を、口コミ付きで詳しくご紹介していきます。

京都府京都市 曼殊院

数多くの宝物や襖絵が見応えたっぷり

皇族と縁のある名刹で、過去に皇族の方々が訪れたこともあり、天皇家の気品高さがところどころに感じられます。

数奇屋風書院という独特の造りをしており、静かに水面をさかのぼる屋形舟に見立てたという小書院と、白砂利で水の流れを表した庭園が見事でした。

 

5月には真っ赤な霧島つつじが咲いて庭園を彩り、秋には紅葉で紅く染まります。

中には宝物が多くあり、襖絵の美しさを一枚一枚じっくりと楽しんだりと見応えがありました。

 

台所なども公開しており、昔の台所はこうだったんだと知ることが出来たのもよかったです。

中には絶対撮影してはいけないと書かれている「幽霊の画」が飾られていて、かなり迫力があり、インパクトが強かったです。

 

最寄りの修学院駅からは、坂道をだいぶ上っていきますが、無料の駐車場がたくさん用意されているので、車で観光している人なら気軽に立ち寄れます。

周辺には詩仙堂や圓光寺など見どころがたくさんあるので、散歩がてら見て回るのもいいと思います。

30代女性

庭園が見事。紅葉が綺麗なので秋にオススメ

大書院前に広がっている庭園が、実に見事です。砂が水の流れを模しており、その中には鶴と亀と亀山が配置されています。

まさに、日本の美しい庭という感じ。

 

庭園には様々なお花が植えられていて、四季折々全ての季節美しく整えられているのですが、なんと言っても秋がオススメ。

理由は、紅葉がとっても綺麗だから。

 

見とれてしまい、いつまでもそこに立って眺めていたい気持ちになります。

坂の上にあるので、歩いての観光だと到着する頃には少し疲れてしまいますが、この庭園の美しさは疲れを癒してくれます。

 

美しい庭園を散歩したあとは、中に入って宝や襖絵を楽しむのもオススメです。肌で歴史を感じられるので見応えがあって、満足して帰れること間違いなしですよ。

 

その中でも一番迫力があるのは、やはり「幽霊の画」だと思います。絶対に撮影してはいけないそうですよ。私も詳しくはわかりませんが、眺めているだけで相当な迫力なので、撮影しなくとも1目見たら忘れられません。

色んな見応えあるスポットが豊富にあるので、歴史や神秘を肌で感じたい方にはとてもオススメです。

20代女性

 

京都府京都市 南禅寺

「まさに京都!」堂々とした風情

京都の神社仏閣が集まるエリア左京区の中でも、一番のお気に入りです!

まず、南禅寺につながる川沿いの「哲学の道」のウォーキングが本当に気持ちがよく、スッキリとした気分になれます。

 

特に桜や紅葉の季節はオススメですが、観光客も多いので、「哲学にふける」という雰囲気ではありません。

哲学の道が始まる前に、屋台などで団子を買って、食べながら歩くのが京都らしい移動の仕方だと思います。

 

数十分歩けば、緑豊かな南禅寺に到着。寺の中は広々としていて、景色を堪能しながら京都の懐石料理や抹茶を楽しめる茶店もあります。

寺の規模も美しさも景色も「まさに京都!」といった感じの堂々とした風情です。

 

今まで外国人の友人を何人も案内してきましたが、金閣寺や清水寺よりも評判がいいのがこの南禅寺!

清廉で格式高いのですが、インパクトもあり、外国人がイメージする京都に一番近いのではないかと思います。

 

私はまだ未経験ですが、年に何回か早朝の座禅体験も開催されていて、とても好評のようです。

20代女性

まとめ

いかがでしたか。

今回は、京都の曼殊院と南禅寺をご紹介しました。

曼殊院の魅力は、なんと言っても庭園の美しさ。紅葉の季節は圧巻の絶景に、開いた口が塞がらない方もいることでしょう。

 

豊富な種類の植物が植えられ、どの季節でも見応えはありますが、やはり紅葉の季節は段違いに景色が美しいのでオススメです。

 

夫婦やカップルで訪れると、美しい光景に2人の距離も縮まるかもしれませんね(笑)

南禅寺は、まさに京都といわんばかりの存在感を放ちます。荘厳な雰囲気が漂い、心做しかキリッとしてしまいます。

 

ですが、どこか落ち着き安らかな気持ちになり、帰る頃にはどこかスッキリとした気持ちでお寺を出ることができる、不思議な雰囲気のある場所です。

こちらも景色が美しいので、景色を楽しみたい方は桜の季節もしくは紅葉の季節がオススメですよ。