【ディズニー】元キャストさんが選ぶディズニーランドのおすすめアトラクションを紹介します!

みなさんはディズニーランドで、どのアトラクションに乗ろうか迷ってしまった経験はありませんか?

スリルのあるアトラクションからゆっくり楽しめるアトラクションまでありますが、どれも人気で待ち時間が長いのでどうしようか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回はキャストさんに、ディズニーランドのおすすめアトラクションを聞いてみました!

特にディズニーランド初心者はどれに乗ればいいのか分からないという人も多いと思うので、ぜひ参考にしてディズニーランドを楽しめるようにしましょう!

子供からお年寄りまで楽しめる「ミッキーのフィルハーマジック」

アトラクションと言えばスリルのある乗り物が多いですが、ディズニーランドには見て楽しめるアトラクションがたくさんあります。

 

中でもファンタジーランドにある「ミッキーのフィルハーマジック」は、どの世代の人にもおすすめできるアトラクションです。

このアトラクションはシアタータイプなので、座って映像を観るという動きの少ない乗り物です。ただの映像でしょ?と思う人も多いかと思いますが、なんと3Dタイプなので映像が飛び出して見えるんです!

しかも映像が飛び出すだけでなく、水や風、香りなどの特殊効果も使われています。

 

次々と巡るディズニー映画の世界を、まるでその世界に居るかのように体感することができるんです。

またこのアトラクションでは3Dや特殊効果を楽しむだけでなく、ディズニーの名曲をたくさん聞くこともできます。

 

巨大なスクリーンに壮大な音楽、様々な仕掛けが揃った、笑いと感動あるアトラクションです。

スリルも隠れミッキーもある「スプラッシュマウンテン」

ディズニーランドにはたくさんのアトラクションがありますが、その中でも人気が高い「スプラッシュマウンテン」はキャストがおすすめしたいアトラクションの一つでもあります。

 

スプラッシュマウンテンはクリッターカントリーにある絶叫系ライドで、ディズニー映画『南部の唄』の世界へ入り込み、ブレア・ラビットと一緒に「笑いの国」を目指して冒険する乗り物です。

 

このアトラクションの醍醐味と言えば、やはり最後の落ちるポイントですね!

外からでも見える滝つぼへのダイブは見ているだけでワクワクしてしまいます。

 

しかし、キャストがおすすめしたいポイントは実は他にもあります。

それは、スプラッシュマウンテンにあるたくさんの隠れミッキーなんです。

なんとスプラッシュマウンテンでは、ファストパスチケットやスプラッシュマウンテンの入り口付近、乗り終わった後の出口にまで隠れミッキーが隠れているんですよ!

もちろんスプラッシュマウンテンに乗っている間にも隠れミッキーはいるので、探しながら乗るのもおすすめです。

 

ちなみに出口付近の隠れミッキーのヒントは、滝つぼへ落ちる時に撮られる写真をチェックできる場所に飾ってある絵の中にあることです。

2つ隠れミッキーが隠れているのでぜひ見つけてみてくださいね!

歴史を感じる「ウエスタンリバー鉄道」

ディズニーランドのアトラクションの中でも待ち時間の少ない「ウエスタンリバー鉄道」ですが、キャストがおすすめしたいアトラクションの一つです。

ウエスタンリバー鉄道は本物の蒸気機関車に乗り込み、アドベンチャーランドを出発してアメリカ西部を巡るアトラクションです。

このウエスタンリバー鉄道はディズニーランドがオープンした1983年当初からあるアトラクションで、魅力は何といっても乗り物である蒸気機関車です。

 

ウエスタンリバー鉄道で使われている蒸気機関車には4つ種類がありますが、その中の3つはオープン当初から使われているんですよ!

機関車にはリオ・グランデ号、ミズーリ号、コロラド号と1991年に登場したミシシッピ号と名前が付けられています。

 

またウエスタンリバー鉄道は、ウエスタンランドとクリッターカントリーをぐるりと一周します。

乗っている途中には蒸気船マークトウェイン号やビッグサンダー・マウンテンとすれ違う!なんてこともあるので、ウエスタンリバー鉄道に乗らないと見えない景色が見えるのもポイントです。

まとめ

いかがでしたか?

キャストさんがおすすめしたいディズニーランドのアトラクションを知ることができたのではないでしょうか。

アトラクションと言えば動く乗り物というイメージがありますが、アトラクションの楽しみ方は乗るだけではないのですね。

 

またご紹介したキャストさんおすすめのアトラクション以外にも、乗るだけではないアトラクションがディズニーランドにはいっぱいあります。

猛ダッシュで次々とアトラクションを巡るのも楽しいですが、ぜひキャストさんが選ぶおすすめのアトラクションに乗って、アトラクションの違う楽しみ方を見つけてみましょう!

Rating: 4