ニューイヤーズイヴでカウントダウンをディズニーで過ごそう

ディズニーで一晩中遊べたら…と思ったことはありませんか?

実は1年に一度だけ普段入ることの出来ない22時以降にパーク内を楽しむことが出来るんですよ。

 

それがニューイヤーズイヴ。2017~2018年に実際に行ってみた体験談や、2018~2019年の入園時間などをご紹介します。

◇誰でも入園できるの?

ニューイヤーズイヴは誰もが入れるわけではありません。特別なパスポートが必要となります。

購入方法は①インターネットから抽選に応募する、②バケーションパッケージを申し込む、③ディズニーホテルまたはオフィシャルホテルに12/31より宿泊することが必要となります。

 

①    毎年インターネットより抽選の応募が可能です。だいたい9月ごろから応募が始まるので、早めにチェックしておくことが必要です。ただし、倍率は10倍以上とも言われているので当たった方はかなりラッキーですね!

 

②    毎年ニューイヤーズイヴのバケーションパッケージが発売されます。少しお値段が高いですが、販売すると即刻売り切れてしまうほど人気です。バケーションパッケージを申し込みしたい場合は販売と同時に申し込む必要があるので頑張って購入してくださいね!

 

③    ディズニーホテルまたはオフィシャルホテルを12/31宿泊で予約すると抽選に当たらなくてもニューイヤーズイヴのパスポートを購入することが出来ます。ディズニーホテルの場合は公式より申し込むと2泊以上する必要があります。

最近は電話での申し込みのみです。販売開始と同時にたくさんの方が電話をするので繋がるころには売り切れている可能性もありますね。

旅行会社より申し込む事も可能ですが、かなり人気で11月ごろに申し込みに行くと100組以上のキャンセル待ちがあると言われるほどでした。

 

オフィシャルホテルだと空きがあることもありますよ!今からでもオフィシャルホテルの予約が出来れば入園可能です。興味があれば一度調べてみて下さいね。

ちなみにニューイヤーズイヴのパスポートは4歳以上均一料金で一人9700円と普段より高めですが、両パークを楽しめるのでお得ですね!

◇何時から入園することが出来るの?

2017~2018年は12/31午後8時~1/1午前7時まででしたが、今回のニューイヤーズイヴは12/31午後8時~1/1午後22時まで。

かなり長くなりましたよね!最長26時間パークを楽しめます。最初はランドもしくはシーの決められたパークへ入園し、1/1午前4時より両パークを行き来することが可能です。

1/1午前2時より一般の方も入園可能なため、かなり混雑が予想されます。

 

私は午前4時ごろになると眠気がピークに達し、とても疲れたので一度ホテルに戻りました。

今回は開園時間が長いので仮眠をとって再入園しても楽しめると思います。

◇どんな格好で行けばいい?

海沿いにあるディズニーリゾートは、かなり寒くなります。

とくに夜中のパークはとても冷え込みますので、カイロなどの防寒対策は万全に!寒い中、1日以上パークが開いているためホテルを取って無理のないように楽しんでくださいね!

特に女性はタイツのみでは寒いのでパンツスタイルの方が良いと思います。また帽子や手袋、マフラーは必ず持っていくことをオススメします。外のベンチに座るのも寒いので、ひざ掛けを持っていくと便利ですよ!

 

レストラン内は疲れた方がたくさんいて、休憩しようとしても席が空いていないこともあるので気を付けてください。

また乳幼児が一緒の場合はベビーカーが必須です。パークで一日1000円で借りることも出来ますがB型なので、お子さんが小さい場合は出来ればいつも使っているA型のベビーカーの方がいいと思います。

 

またベビーカーのレインカバーをつけておくと風よけにもなるのでパークに入る前に準備しておくとスムーズに楽しめます。

◇何があるの?

私がニューイヤーズイヴに行ったとき入園したのはシーでした。入園すると早速ブラスバンドの演奏があり、かなり賑わっていましたよ!ただ、人もとても多かったので少し動き辛かったです。

時間はたくさんあるので焦らず、ゆっくり回ると良いと思いますよ。

0時前よりカウントダウンが始まります。当日入園時にペンライトを貰えるのでカウントダウンの時に盛り上がれますよ。

 

キャラクターは出てきませんが、プロメテウス火山にカウントダウンの数字が映し出され、ミッキーやミニーたちがカウントダウンをしてくれます。年を越した瞬間花火が打ちあがったりもします。

メディテレーニアンハーバーからは花火が見にくいので、地球儀のあるエントランスから見ると見やすいですよ!

 

また年越しの特別メニューや、スーベニアグッズなどもありいつもと違うものを買うことが出来るかもしれません。年によって変わるので行く際は事前にチェックしてみてくださいね!

 

1年に一度のカウントダウン。パークで楽しく年越しするには少しハードルは高いですが、早めから準備すれば入園できると思いますよ!平成最後の年越しはいつもと違う雰囲気のパークで新しい年を迎えてみてはいかがですか?