岩手県のスキー場に行くなら合わせて食べたい地元の料理!!

以前の記事で岩手県のスキー場を紹介しました!

「岩手県のおすすめスキー場口コミ!~安比高原スキー場/八幡平リゾートパノラマスキー場編~」

せっかく遠い所へ遊びに来たのだからご当地の名物料理も頂きたいですね!

今回は岩手県の郷土料理にはどういったものがあるのか調べてみました。

岩手県には有名な郷土料理があります。

味ぶかし

事前にそれぞれの特徴などを把握した上で食べてみることでよりいっそう楽しめますよ。岩手県のおすすめの郷土料理の一つ目は味ぶかしです。

味ぶかしは昔から親しまれている料理で、家庭における伝統的な料理として県内で食されているそうです。端午の節句で食べられる代表的な食べ物の一つがでもあります。

にんじん・こんにゃく・ごぼう・干ししいたけ・たけのこ・油揚げなどが主な具材として入っています。色合いを良くするためにさやいんげんを入れている家庭もあります。具材から出た旨味がしっかりと出て食欲をそそるような美味しい味わいとなっているのが大きな特徴です。

みそ田楽

岩手県のおすすめの郷土料理の二つ目はみそ田楽です。みそ田楽はお祝いの席で食されることが多いのだそう。豆腐を使用してつくられたみそ田楽はにんにくの風味が効いており、味噌の香ばしさが加わって食欲をそそる味。

使用する豆腐は短冊にして串に刺していきます。囲炉裏の火の周囲に立てるようにして並べていき、あぶってから味噌をつけさらに再度あぶり熱い部分を食べていきます。家族などの好みに合わせてにんにくや根しょうが、山椒などを味噌に加えるという場合もあるので、自分好みにしてみると良いそうです。

大根おろしと一緒に食べると消化率が向上するという嬉しいメリットがあり、おいしいのでたくさん食べても大丈夫です。

使用する豆腐は手作りのものだとよりいっそう味わい深くなりますが、木綿など少し硬めに作られたものとの相性が抜群です。昔ながらの豆腐を使った田楽として、県内のたくさんの人から親しまれているそうです。

まめぶ

岩手県のおすすめの郷土料理の三つ目はまめぶ。まめぶは県内でも久慈市の山形町で有名な伝統的な料理となっています。まちおこしをしている団体が地道に宣伝活動を行ってきましたが、CMで宣伝されたことをきっかけに全国的に知られるようになりました。

しょっぱさの中に甘さを感じることができるという不思議な味わいを楽しむことができます。まめぶは汁物の一種であり、野菜をはじめ焼き豆腐やキノコ類などがたくさん入っています。

味は醤油をベースに作られており、まめぶとは小麦粉を丸めて団子状に形成したもののことです。その団子の中にはクルミや黒砂糖が包み込まれています。醤油の味付けがされた汁に黒砂糖の甘さが出てくるため、初めて食べる人は驚いてしまうという場合も多いです。はじめは不思議な感覚になるかもしれませんが、食べ進めていくにつれてだんだんとやみつきになっていくという人もいるでしょう。

まめぶは江戸時代から食べられるようになったと考えられています。冠婚葬祭や晴れの日などといった特別な日に作られていた料理です。丸めて団子状にするという作業はとても大変であり、非常に手の込んでいる料理として昔から現代に至るまでずっと楽しまれています。

どんこなます

岩手県のおすすめの郷土料理の四つ目はどんこなますです。どんこなますは県内にある三陸海岸から収穫したエゾアイナメのことを指しています。

このエゾアイナメを使用して作られたものが、田野畑村で食されている伝統的な食べ物です。餅を食べる際に酢の物を必ず食べるという習慣があり、正月に食べられる料理として知られています。

見た目はぶよぶよとしていてお腹が膨れており、肌はぬるぬるしていて黒いというのが特徴です。その見た目に反して味は淡泊となっており美味しく食べることができます。エゾアイナメの旬は脂がのってくる冬であり、冬の味覚として楽しまれています。

まとめ

いかがでしたか。

岩手県にはこんなにたくさんの郷土料理があるのですね。

岩手県は海に面しており魚介類はもちろんのこと、内陸部では野菜やキノコ類なども豊富に食材がそろいます。

郷土料理はご家庭で作るものが多いかもしれませんが、お店でも出している場合もありますので、お出かけの前に調べてみましょう!