【JCBプラチナ】基本情報・審査について・実際に使っている口コミを解説します

ご覧いただきありがとうございます。

管理人のHIROです。

数あるクレジットカードの中でどのカードを選ぶかというのは、なかなか難しいことです。

使用シーンはそれぞれ違いますし、そもそも住んでいる地域や交通手段も違うわけで万能なカードというのはなかなかありません。

 

このページでは私が実際に使っているJCBプラチナについて詳しく解説していきます。

これから申し込みしようと考えている方もいると思いますので、特に審査について参考になれば幸いです。

HIRO
JCBプラチナは私のメインカードです。

JCBプラチナの基本情報

年会費(本会員) 27,500円(税込)
年会費(家族会員) 1名様無料、2人目より1名様につき3,300円(税込)
お申し込み対象
(本会員)
25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
学生の方はお申し込みになれません。
お申し込み対象
(家族会員)
生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。
旅行傷害保険
(障害による死亡・後遺障害の場合)
海外:最高1億円
国内:最高1億円
ショッピングガード
保険
海外:年間最高500万円(1事故につき自己負担額3,000円)
国内:年間最高500万円(1事故につき自己負担額3,000円)
国内・海外航空機
遅延保険
乗継遅延費用保険金(乗継地において発生した客室料・食事代) :2万円限度
出航遅延費用等保険金(出発地において発生した食事代) :2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等):2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等):4万円限度
特典 Oki Dokiポイント
追加可能なカード ETC、QUICPay、家族カード
WEBサービス ご入会と同時に次のサービスに自動登録されます。
・MyJCB
・MyJチェック原則として郵送の「カードご利用代金明細書」は発行されませんので、MyJCBにてご確認ください。
Apple Pay 設定可
Apple、Appleのロゴ、Apple Payは、Apple Inc.の商標です。
 Google Pay TM 設定可
Android 、 Google Pay は、Google LLC の商標です。

JCB公式サイトより引用(2021年12月現在) ※その他サービス詳細については公式サイトを参照してください。

このページをご覧になっている方はJCBプラチナに興味がある方、またはすでにお持ちの方が多いと思います。

公式サイトの情報を並べているサイトはたくさんありますので、基本情報以外は抜粋したサービス、または私の中でおすすめのサービスに触れていきたいと思います。

おすすめのサービス

利用シーンが同じ方ばかりではないと思いますが、特に付帯しているサービスの中でのおすすめをピックアップしました。


プラチナ・コンシェルジュデスク

24時間365日対応のコンシェルジュサービスが付帯します。

プラチナカードのサービスとして取り上げられると言ったらこれでしょう。

 

JCBのコンシェルジュはとても対応が良いと評判ですね。

私も実際に利用したことがありますが好感が持てます。

私自身は航空券の手配や飲み会のセッティングを依頼したことはありません。

昨今ネットショッピングで商品を買うことが多いですが、探してもなかなか見つからない商品やアフターパーツの手配などはコンシェルジュに依頼することもあります。

メーカーホームページにも在庫がないアフターパーツを手に入れるために大きなお店だけでなく地方の各メーカー直営店などにも連絡していただいたこともあります。

そういった際の商品代金は当然JCBプラチナで支払う前提とはなります。

コンシェルジュをうまく活用できる方は、プラチナカードを持つメリットが高まることは間違いありません。

自分でネットで調べたほうが早い、ネットで申し込んだ方が安いといったレビュー等も拝見したことがありますが、それを言ったら本末転倒という気もしますね。

 

コンシェルジュだけでなくプラチナ・メンバーズデスクにも同じく良い対応をしていただけています。

プラチナで利用可能なMyJCBからのメッセージでの問い合わせもきちんと返信していただけますし、こういったところにきちんと年会費を取ってサービスを提供している意味が出てきます。

私の中でのプラチナ・メンバーズデスクとコンシェルジュの利用価値は1万円程度かかっていてもいいと思います。

急な時、何か困ったときの対応をきちんとして欲しいからです。

 

これは余談ですが、以前某クレジットカード(一般カード)を利用していましたが、わからないことがありデスクに電話しました。

フリーダイヤルでなくナビダイヤルでした。

問合せしたかったのはホームページのQ&Aにも載っていない内容でした。

相手のオペレーターの方は新人ではなかったですが、やり取りがあやふやで調べにいくため何度も保留になりました。

電話していた時間は約30分。

個人的にはその経験からしっかりと年会費を払ってでもきちんと対応していただきたいと考えるようになりました。


グルメベネフィット

いわゆる高級レストランで所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料金が無料となるグルメサービスです。

各クレジットカード会社がプラチナランク以上のカードで同じようなサービスを提供しています。

2人で利用したら実質半額と考えてよいかもしれません。

特別な日のディナーなどせっかくならおいしい料理を食べたいという人も多いはず。

 

地方ではかなりお店の数が限られますが、たくさん利用すればとてもお得なサービスなのは間違いありません。

私は茨城県に住んでいますので、東京近郊の店舗は行くことができます。

年に1回は使おうかなと思うサービスです。

年に何度も利用する方はとてもお得なサービスになります。


国内空港ラウンジ&プライオリティパス

JCBプラチナは国内の主要空港の空港ラウンジを利用できます。

同伴者1名も無料で入ることができます。

各クレジットカード会社が主にゴールドカード以上で提供していますのであまり特別感はありませんが、フライト前の時間にドリンクを飲んだり、ラウンジによっては軽食があったりするのでうまく活用すると便利です。

朝はクロワッサンや小さなブレッドがあったりと小腹が空いたときにはありがたいです。

私の場合は基本的に羽田空港から乗ることになるのですが、羽田空港のラウンジは利用者が多い時もあるので混んでいることもあります。

(※近くに茨城空港がありますが、空港ラウンジ提供がなくそもそも路線が限られているので基本は羽田空港)

そのあたりがANAのラウンジや国際線のラウンジとは違うところですよね。

いずれにしても別途利用料がかからずに利用できるサービスとしては十分です。

 

またJCBプラチナは世界約140の国や地域、約500の都市で約1,300ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティパスを無料で発行することができます。

回数制限はなく何度も利用できる点も◎。

国内空港ラウンジと比較にならないクオリティ、軽食レベルではないフードの提供、シャワールームなど利用するべきサービスですね。

海外は治安も良いところばかりではないですし、置き引きやスリにあう危険もあります。

海外空港の待合ロビーよりは明らかに安心できるのではないでしょうか。

同伴者は別途2000円かかりますが、それでもめったに行けない海外旅行において海外の空港で優雅に過ごせるラウンジの利用なら高くもありません。

以前使っていたMUFGプラチナアメックスは家族カードもプライオリティパスを発行できたのでその点はMUFGが優れています。

 

ただしJCBプラチナを発行してからプライオリティパスを作りましたが、このご時世で海外旅行に行くことができていません。

そのため実際の利用例は載せることができません。

来年以降はぜひためらわずに旅行に行くことができるといいですね。


京都ラウンジ&ユニバーサルスタジオジャパンラウンジ

JCBプラチナでは、空港以外のラウンジも利用できます。

JCB Lounge京都があるのは京都駅です。

京都劇場の入り口を上がって飲食店が並ぶエリアにあります。

新婚旅行の際に行きましたが、蕎麦屋さんの前だったと記憶しています。

JCBザ・クラスやORIGINALSERIES含む各種JCBプラチナ、JCBゴールドザ・プレミア等のカードのみ入室可能となっています。

駅付近を散策するのに手荷物一時預かりサービス、小休憩にドリンクのサービスなどを提供しています。

家族2人で利用する場合は本会員と家族カードを提示する必要はなく、同伴者1名も利用が可能なので本会員だけでもオッケーです。

カード2枚提示なら家族や友人と計4人で入ることができます。

京都に一切行くことがないという方にはメリットがありませんね。

 

ユニバーサルスタジオジャパンのJCBラウンジは人気アトラクション”ザ・フライング・ダイナソー”に設置されています。

関東地方在住の身としては近くないので、ディズニーリゾートのようにすぐはいけませんからちょっと特別感が増します。

以前はラウンジ招待券をコンシェルジュ経由で取得が必要でした。

現在はMyJCBの中から予約サイトに飛ぶことができるようになりました。

無料のドリンクサービスも受けることができ、少し休憩してから人気アトラクションに乗ることができます。

人気のアトラクションなのでほぼ並ばずに利用できる点が嬉しいです。

利用できるのが年に1度だけなのがネックですが、そもそも1年に1度行けるかいけないかといったレベルなので問題ありません。

 

上位カードのJCBザ・クラスはさらに東京ディズニーリゾート内のJCBラウンジも利用可能になります。

 

私の場合数日休みが取れて旅行に行くなら、

  • 羽田空港から伊丹空港へ(空港ラウンジ利用)
  • ユニバーサルスタジオジャパンを満喫(JCBラウンジ利用)
  • 大阪か京都のホテルに宿泊(優待が使えれば◎)
  • 京都駅前で買い物(JCBラウンジ京都利用)

といった感じで利用できます。

 

カード付帯保険(海外・国内旅行傷害保険)

海外旅行に行く際に必要とされる海外旅行傷害保険。

旅行期間中に事故で亡くなってしまった場合、事故でケガをした場合、突然の疾病で入院したり他人にけがをさせてしまったなど保険の対象範囲は広いです。

その中でも1番気にしておきたい疾病治療費用・救援者費用等がJCBプラチナはそれぞれ最大1000万円までとなっています。(JCBザ・クラスと同額)

突然のケガや病気で現地の病院で手術になり入院といった場合数百万円レベルの金額がかかると言われています。

他のプラチナカードでも私が以前利用していたMUFGプラチナアメックス(三菱UFJプラチナ)は最大200万円、他のカードでも軒並み500万円以下が多く見受けられます。

他のカードと合算できる部分なので複数のカードを持てば自分の中での必要額にすることはできますが、このカードだけでも本当に手厚い保険額ですので安心して旅行に出かけることができます。

 

国内旅行保険もしっかりと付与されていますがここでは割愛します。

海外国内どちらも自動付帯になりますので事前に旅行代金の決済などは必須ではありません。

詳細はJCB公式サイトで確認できます。

 

ここまであげたのが個人的には魅力的なサービスです。

クレジットカードを選ぶのは個人の自由

※JCB公式サイトより引用

ご存知の方も多いと思いますが、日本発の国際ブランドJCBが直接発行しているプロパーカードであるJCB ORIGINALSERIESのひとつがこのカードです。

JCB一般カード→JCBゴールド→JCBゴールドザ・プレミア→JCBプラチナ→JCBザ・クラス

という序列でカードがあります。

どのグレードが自分に合っているかというのはその本人にしかわかりません。

 

選ぶ基準はひとそれぞれです。

  • ポイントがたくさん貯まるから。
  • 魅力的なサービスがあるから。
  • デザインがかっこいいから。

どの理由でもオッケーです。

 

ブログやYouTubeなどでクレジットカードの紹介をしている方はたくさんいます。

その中でサービスやポイント等で年会費分を取り返せるといった言葉が出てくることがあります。

私は一切そういった考えがありません。

完全に好きでこのカードを持っています。

実際のところ27500円(税込)の年会費に関しては別に高いと感じたこともありません。

 

他には、、

  • 収入が低いのにプラチナカードを持つ意味がない。
  • 収入が低いとプラチナカードのサービスを使いこなせない。
  • 庶民がプラチナカードを持っているのはカッコ悪い。

こういった意見が見受けられますが、私は個人の自由なので気にしません。

カードのサービスに魅力を感じて申込みしているのは個人の自由。

むしろ年収など関係なく取得したいといった方を心から応援します。

 

プラチナやブラックカードの話になると、ステータスといった話も出てきます。

バブル期には物心ついたぐらいの年齢でしたので昔のようにゴールドカード=ステータスといったイメージがない世代です。

ただし信用度=ステータスといった考え方もあります。

海外でのクレジットカードの価値は計り知れなく、日本で言う身分証明にもなる運転免許証のようなもの。

きちんと支払いを行う収入や地位がある、またそれを継続して行うことができているということです。

クレジットカード会社との信頼関係がしっかりとある方といった視点で見ればステータスは一定以上あることになります。

プラチナを持っているのはすごいとか私は一切そういった考えはありません。

個人の主観でしかないです。

むしろ私が持てる時点で、プラチナホルダーになれるかなれないかの基準は収入額が高いか低いかのみではありませんから。

 

私がこのカードを選んだ理由

左新券面、右旧券面

 

  • カードデザインがシンプルかつ上品

黒を基調としてシンプル、新デザインになりエンボスレスかつ表面番号レス

  • 専用のデスクがあり適切な対応をして欲しい

→無料カードでは個人的に不満がある

  • カード付帯の保険が充実している

→旅行傷害保険、ショッピングガードなど

  • 長く信頼を築けるカード会社である

→いきなり改悪があったり、カード申込み終了したりする会社ではない

  • 日本の企業を応援したい

→完全に個人の見解です


その他には、

  • 旅行に行く際に空港ラウンジを利用する

→国内空港ラウンジ、プライオリティパス

  • 記念日など大切な日に高級レストランを利用

→グルメベネフィット、ダイニング優待

  • 夫婦でディズニーリゾートが好きで年に最低1度は行く

→ディズニー関連の優待が豊富

  • 夫婦で京都が好きで旅行に行くことがある(新婚旅行も京都)

→京都ラウンジの利用

  • 自分だけでは調べられないことを手伝ってもらいたい

→コンシェルジュデスク


上記のようにJCBプラチナを選んだ理由が私にはあります。

年会費が掛かりますが、しっかりと対応頂くためにはきちんと教育を受け経験を積んだ人員が必要。

年会費無料のカードのデスクにそれを求めてはいけないと以前経験したのでそれからはゴールドカード以上のカードをメインカードにするようになりました。

毎月使う特典やサービスばかりではありませんが、使うことがあるのであれば必要と考えます。

 

先の話にはなりますが、

  • JCBザクラスへの招待

ここが最終目標です。

ラウンジの利用などディズニー特典がさらにパワーアップします。

比較的低収入でも長くJCBを利用していた結果取得したという方もいるそうです。

HIRO
JCBとの信頼関係が大切と考えます。

デメリット

デメリットが全くないのかといえばそうではありません。

 

1番のデメリットは使えないお店があること。

国内では数回使えないお店に遭遇しました。

特に観光地や施設でVISA・mastercardしか使えないという場所があることは事実です。

基本的に私の生活圏内で使えないお店はほとんどありませんが、以前は回転ずしのスシローは使えませんでしたが最近使えるようになりました。

海外ではさらに地域によって差がありますが、日本人が旅行で良く行くアジアやハワイなどの地域は問題ないというのが通説ですね。

VISA・mastercardをサブで持っておいた方が無難なのは間違いありません。

 

あとはJCBとCirrusのと提携が終了となったこと。

そのため海外ATMでキャッシングする際はJCBマークのATMのみとなっています。

場所によっては至難の業かもしれません。

キャッシングの方が手数料が安く両替手数料よりもお得な場合があり、急な時に引き出せるというのはメリットでした。

 

車で旅行に行く際はサービスエリア・パーキングエリアに休憩するため立ち寄ります。

自動販売機も電子マネーの対応が多くなってきました。

移動中の飲み物買いますよね。

ID・Suica・Edyあたりは多くの場所の販売機で使えましたが、QUICPayは全滅に近いぐらい使えませんでした。

IDもQUICPayもGooglePayで利用しているので手間としてはどちらでもいいのですが、あくまでメインカードに細かい会計もまとめたいとは思っていますが叶いません。

 

一部電子マネーやPayサービスに登録ができません。

私が使っているサービスの中ではPayPayに登録できないので代わりにAmazon mastercardを登録しています。

d払いはJCBプラチナを登録しています。

 

27500円(税込)の年会費を払うことは、サービスに魅力を感じたり必要性があるかというの個人の見解なのでデメリットではないと思います。

 

あげたデメリットを解決する方法は、1枚はmastercard(VISA)を持っておくこと。

私の利用シーンではコストコを利用しますのでmastercardが必須となります。

審査について(実体験)

このカードの申し込み対象ですが、

公式サイトでは、25歳以上でご本人に安定継続収入のある方とされています。他のサイトを拝見すると年収が500万円以上ないと厳しい継続年数〇年年間○○万円決済などといった紹介がされていますが、実際に明確なものはありません。

何を基準に紹介しているのかよくわからないサイトが多い印象を受けました。

あくまで憶測でしかない部分ではありますが、やはり実例からの考察をしたほうが良いとは思います。

 

私が実際にJCBプラチナを発行できた流れを説明します。

他の方と状況が異なるかも知れませんが一つの参考例として。


2011年

  • JCB一般カードを作成

2014年 

  • JCB一般カードを所持カードの整理で解約

2017年初頭

  • JCBカードを再取得 

→JCBゴールドエクステージ発行→JCB一般カードへ変更→JCBゴールドへアップグレード

JCBゴールドエクステージはとてもお得なヤングゴールドで悪くないのですが、JCBゴールドが欲しくなってしまいデスクへ確認。直接変更ができないのでJCB一般カードへ一度戻すことに。その後JCB一般カードが発行された翌月にMyJCBからアップグレード申請。無事可決しJCBゴールド発行。

この際の1つの指標として私はJCBに申告していた収入は300万円です。

私はこの数年転職が多く、メインの仕事での収入を申告していました。雑収入等は額に入れていません。


2017年10月

  • JCBプラチナ発行開始→申込みしたが否決

JCBプラチナが発行開始になったばかりのころ、JCBゴールドを持っている方でMyJCB内でアップグレードのバナーが出ている人・出ていない人がいて少し話題になりました。

私はバナーが出ない方に属していたのでデスクに確認を取り新規申し込み扱いになるといった案内を受けホームページから申し込みしました。

その際は審査落ちしました。

その頃はMUFGプラチナアメックスを持っていたので、そちらがメインカードでした。


2018年

  • 再申込み→可決

審査落ちから半年ぐらい。100万円近く決済をしていたと記憶していますが、JCBプラチナを再申込み。

無事審査可決しJCBプラチナホルダーに。

この際はまた転職していましたが、年収は300万円の状態で申告していました。


まとめると、

  • JCBカードを事前に作成し1年以上は利用していた
  • 年収は300万円で申告していた
  • 申し込み時点でその年の決済は100万円以下
  • だった
  • 支払い遅延等は起こしていない

という状況でした。

 

はっきり言って年収300万円でJCBカードの利用をしておらず、いきなり申し込みをして審査に通るかどうかは私にはわかりません。

HIRO
年収が低くてもある程度実績を築ければ取得できる可能性は十分にあります。

他社を含めて年収300万円以下というのはカード会社が想定している収入のボーダーといってもいいと思います。

要はギリギリということです。

なぜなら私はご利用可能枠150万円で発行されましたから年収の半額を占めることになります。

生活費などの決済+αの金額を毎月支払うわけですが、+αの部分が旅行や食事、またはゴルフといったプラチナカードで特典や優待を提供しているサービスを含めた決済する可能性のある部分です。

収入が少ないから旅行に行く行かないというのは人によりますし、ブランド商品を買う買わないも人によります。

ただしそういった余裕資金があまりにも少ない人は審査の際に厳しいというのは間違いありません。

参考になれば幸いです。

 

まとめ

このページでは私が実際に使用しているJCBプラチナの紹介をしていきました。

個人的な見解が多く入っている内容なので、参考になるかわかりませんが誰かのお役に立てれば幸いです。

特に申し込みを迷っている方、審査に通るか不安な方はちょっと参考にしてくださいね。

得をするとかそういったカードではなく、自分の利用シーンにあっているかが一番大事なことだと思います。

 

私が現在使っているクレジットカードは以下の記事で紹介しています。

関連記事

ご覧いただきありがとうございます。 管理人のHIROです。 こちらのページでは現在私が使用しているクレジットカードについてご紹介していきます。 私が使用しているGooglePAYやキャッシュレス決済については、以下の記事で[…]

 

私が現在使っているスマホ決済についてはこちらの記事で紹介しています。

関連記事

ご覧いただきありがとうございます。 管理人のHIROです。 昨今キャッシュレス決済が一般的になってきました。 ただし一切現金を持ち歩かない生活というのは地方では厳しいなと感じています。   私は仕事で[…]

 

ご覧いただきありがとうございました。

※正確な情報を提供したい部分に関しては、JCB公式サイトより引用させて頂きました。

 

最新情報をチェックしよう!