国民宿舎宿泊利用率32年連続日本一!鵜の岬の魅力とは

全国の公営国民宿舎の中で宿泊利用率が、平成元年度から32年連続1位の鵜の岬。

人気のため予約がなかなかとれないことでも知られていますが、例え宿泊はできなくても、行けば海に食事にお風呂など、魅力的な要素が盛り沢山の施設になっています。

海、池、緑、自然を楽しみながら、のんびりとお散歩するのにも最適!

遊歩道は、海の遊歩道、森の遊歩道、谷の遊歩道があるので、それぞれの楽しさがあります。

国民休養地に指定され、東京ドーム約3個分の敷地に海鵜の捕獲場や展望デッキ、スイレン池などがあり、遊歩道を散歩して巡ることができます。

海鵜の捕獲場は日本で唯一の海鵜の捕獲地です。

残念ながら、捕獲しているところを見ることはできませんが、オフシーズンの捕獲場を見学することができますよ。

基本情報

 

【住所】

茨城県日立市十王町伊師640

【最寄り駅】

十王駅 (常磐線)

駅から3.3㎞

【高速道路 降り口】

日立北インター (常磐自動車道)

ICから5㎞

 

時期によってウミウ捕獲場を公開

 

ウミウの捕獲期ではない1月~3月、7月~9月は鵜の捕獲場の見学ができます。(捕獲期は見学できないので、捕獲しているところを見ることはできません)

鵜の捕獲場の見学は全国でここだけというお得感!

ただ、天候などによっては公開が中止されるので、時期だけでなくその日の状況が重要かも。

 

捕獲場は入り口からトンネルになっています。

電気がついていて、所々に説明書きなどがありました。

捕獲場は小屋みたいになっていて、子供が秘密基地みたいと喜んでいました。

 

捕獲場に行く前に鐘もあります。

誰かがならしていると、音が響いてきてそれもまた良し。

結婚式をあげる人もいるので、愛と絆の鐘なんてピッタリかも。

結婚式で招待客でここに来たことがありますが、海のみえるロケーションというのもステキでした。

 

ウミウ捕獲場が見られない時期でもウミウは池のそばに行くと「鵜のパラダイス」に数匹います。

石の上で羽を広げて乾かしている姿をよくみかけます。

(現在緑のネットがかけられており、以前より中が見えにくくなってはいました。このままなのかは不明です)

 

温泉施設「鵜来来の湯」(うららのゆ)

 

『日立市鵜来来の湯 十王』は、平成13年4月28日にオープンした温泉施設で、国民宿舎鵜の岬旧館跡に建てられました。

国民宿舎鵜の岬の先まで車で行くと、鵜来来の湯が一番奥にあります。

 

もちろん朝日や、月が見えても最高だろうと思いますが、明るい時にしか行ったことはない自分からすると、晴れていて明るい日を本当におすすめしたいです。

壁ではなくて大きくて広がっているガラス窓がポイント。

高い場所にあるお風呂なのでから広々と海を眺められて、なんとも気持ちが良いです。

温泉も気持ちいいし、景色もいいのだから贅沢な気分。

 

温泉は天然温泉で地下1,300メートルからわき出ているそう。

神経痛や冷え性、疲労回復などにも良いということで、体も心も癒してくれるはず!

 

平日と休日で値段が違いますが、どちらも夕方以降だと520円になるのでお得!

仕事終わりにここで疲れた体を休めていけたら最高でしょうね。

ちなみに3歳未満は無料です。

我が子の温泉デビューはここでした。

気持ち良さそうにお湯につかっていたその時の顔は、きっと忘れることはありません。

 

この温泉施設に食事ができる所もありますが、湯船であったまって食べた後で、眠っている人を見かけたことがあります。

気持ちがわかる気がします。

 

お食事どころ レストラン『しおさい』

 

11時~14時のランチタイムに営業しているレストラン。

壁の部分はガラス張り。

円になっている作りで、天井は真ん中に向かって高くなっているドーム型。

ここも雰囲気がよくて、ここでも海が見えます。

コース料理を楽しんで、景色を楽しむなんて贅沢も。

海鮮丼が美味しいので、この場所で海の幸を堪能するのも良し。

だけど茨城なら山の幸も良い!

テレビなどの美味しい豪華食材で紹介されたり使われることもある常陸牛も良い。

どれも魅力的で選ぶのに迷ってしまいます。

今回頼んだ常陸牛のすき焼きも、やっぱりとても美味しかったです。

つける生卵もプリッとしていて新鮮そのもの、大満足!

しおさいでの支払いは、現金の他にクレジットカード(Visa, JCB,Master, アメリカンエキスプレス, Diners)、Jデビットカード、電子マネー(交通系IC、nanaco、waon等)、スマホ決済(メルペイ、d払い)が使えます。

 

売店から海の方向へ行くとあるのは喫茶店。

大きなガラス窓が並んで外がよく見える作りになっていますし、外にも出られます。

コーヒーを飲んだり、パンケーキなどを食べて、海をみながらゆったりおしゃべりをしたくなります。

それも、茨城県発祥で、美味しいことで知られるサザコーヒー!

店内は落ち着いた雰囲気。

家族で行って、子供にはアイスを頼みました。

外を歩きまわった後なので、よりおいしく感じたみたい。

外につながってもいて、下におりると海の近くまで行けます。

安全のためそこの浜辺にはおりないように注意がきがありましたが、波音も迫力。

目の前に広がる海がきれい。

芝生もあり、遊歩道にもつながっていくので、喫茶店で軽くお腹を満たして軽くお散歩もいいかもしれません。

喫茶 岬での支払いはクレジットカード(Visa, JCB,Master, アメリカンエキスプレス, Diners)、Jデビットカード、電子マネー(交通系IC、nanaco、waon等)が使えます。

 

鵜の岬本館

鵜の岬本館には売店があり、目をひくお土産が並んでいます。

 

また、売店はお土産だけでなく鯉のエサの販売もしています!

外の池には沢山の鯉がいて、人が通るだけでエサをもらおうと近づいてきます。

子供は特にこのエサやりを楽しみます。

大人も見ているとやりたくなってきます(笑)。

売店及びフロントではクレジットカード(Visa, JCB,Master, アメリカンエキスプレス, Diners)、Jデビットカード、電子マネー(交通系IC、nanaco、waon等)が使えます。

 

そして見て楽しい物も飾ってあって、興味をそそられます。

日立風流物を再現した物や、鵜の捕獲の紹介など。

天皇陛下が来たときのことも書かれていました。

 

生き物や植物が楽しめる広い池

 

水面に浮かぶカモが可愛かったり、鯉のエサやりも楽しめる池も魅力。

1メートル位ある鯉がゆったりとあらわれてちょっとびっくりしました。

それも一匹ではありませんでした。

水の中を泳ぐのは鯉だけではないみたいで。

つい色んな生き物を探してしまいます。

大きさや色、種類の違う水中の生き物を上から眺めているとつい時間を忘れそう。

いつまでも見ていられます。

また、ここはホタルがいるという池なので、夏にも来てみたいものです。

池も季節によって、スイレンが見事。

見頃には絵を描いている人もみかけたことがあります。

池は広く先につながっていって、そこを囲むように歩道が広がっているのでお散歩コースに良いです。

小さく滝になっている場所や、アヤメの咲く場所、腰かけがあったりも。

鵜のそばを近くでみることのできる、鵜のパラダイスもこの池のそばにあります。

 

まとめ

鵜の岬のまわりは自然や生き物が数多く見られます。

季節によって咲く植物や景色なども変わるので、一度行っただけでは満足していられないかも。

歩くのが好きな人、自然や景色をみるのが好きな人におすすめです。

遊歩道は場所によって階段や坂道もあるので、コースを選んで散歩するのをおすすめします。

喫茶店先ではない場所には、海自体にもおりていける場所があります。

伊師浜海岸をお散歩するのも気持ちが良いものです。

鵜の岬の宿泊はなかなか予約が取れませんが、宿泊でなくても十分に楽しめるので、おすすめですよ!

もちろん、宿泊予約にチャレンジしてみるのも1つの楽しみだと思います。

あなたも1度はチャレンジしてみては?

最新情報をチェックしよう!
>魅力度低いけど・・いばらきって意外といいところです

魅力度低いけど・・いばらきって意外といいところです

茨城生まれ茨城育ちの管理人が茨城県の魅力度アップのため、観光地やグルメ情報を発信しております。