磯原地区公園とは

テニスにフットサル、野球場もある磯原地区公園。

子供の遊べる遊具もあり、芝生も広がっているので、お子さん連れや犬の散歩で訪れる人もいる公園でした。

 

施設情報

 

【住所】

〒319-1541

茨城県北茨城市磯原町磯原1206-1

 

【最寄り駅】

JR東日本 磯原駅

 

【駐車場】

 

西側駐車場 35台

東側駐車場 73台

南側駐車場 36台 (※要相談)

野球場駐車場 58台 (※要相談)

 

【問い合わせ】

磯原地区公園クラブハウス

0293-44-3090

電話をかける

 

野球場

0293-43-2768(問い合わせは磯原地区公園クラブハウスへ)

 

テニスコート

 

 

2019年に開催された『いきいき茨城ゆめ国体』で使用されたテニスコート。

コートの数は16面。

照明があることで、ナイターにも対応してくれるのが嬉しい!

 

会議室もあるというクラブハウスには、ラウンジがあって休憩ができます。

ガラスの壁で外がよく見えて日中もとても明るい。

スポーツ用品の販売もしていました。

新しいため施設はもちろん、トイレもきれい。

更衣室にシャワーも無料というのもすごい。

 

【利用時間】

9時~21時

 

【料金】

テニスコート 1面あたり

1時間···110円 (市民以外 220円)

 

夜間照明

30分···320円 (市民以外340円)

 

磯原地区公園多目的屋内スポーツ施設

 

磯原地区公園内にある多目的屋内スポーツ施設、愛称は筑波銀行『あゆみ』ドーム。

フットサルコート2面分もしくはテニスコート 2面分として使用することが可能です。

2019年にできた施設で、ここなら天候を気にせず運動ができます。

 

【休館日】

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)

12/29~1/3

 

【利用時間】

9時~21時

 

【料金】

(市民以外は下記の倍)

9時~18時

平日・1,100円 / 土日・1,650円

18時~21時

平日・1,650円 / 土日・2,200円

※営利を目的とする場合はその2倍

 

野球場 (市民野球場)

 

 

【球場規模】

両翼91m

中堅まで120m

 

 

メインスタンド···約2,500人収容可能

芝生含内外野席···約7,500人収容可能

 

【休場日】

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)

12/29~1/3

 

【利用時間】

9時~17時

 

【料金】

※市民は下記の半額

午前 3,300円

午後 4,400円

1日 8,800円

スコアボード使用 1試合 1,100円

 

ベースウォール

 

野球場とあゆみドームのすぐそばに、壁打ちできるスペースがありました。

用意されている壁でピッチングの練習。

9つにわかれた枠が描かれている面が3つ。

地面も土に芝生で、足の負担も和らげてくれているはず。

すぐそばにベンチもいくつもあったりするので、休憩も。

 

子供の喜ぶ児童広場

 

テニスコート側の駐車場から、東屋や芝生の先に児童広場にはワンダーワールドとかかれた看板が。

裏表とも同じことが書かれている所に、注意書きの重要さも感じます。

 

複合遊具のまわりには、鉄棒、砂場、ブランコなども。

鉄棒は2種類の高さ。

 

砂場は結構な広さがあります。

訪れた時に砂場で3グループがいましたが、それぞれに余裕をもって遊べていました。

砂場の横には、2つのホワイトボードとポストが。

(うすくなった文字をたどると、どうやらおえかきひろばとかかれていたよう。ポストにはペンが入っていたのかも。)

ホワイトボード用のペンを持参すれば、お絵描きもできそう。

 

ブランコはそれなりの低さでもあるので、小さいお子さんにも最適ではないでしょうか。

2歳の平均的な体格な女の子が一人でも座れていました。

その隣で平均的な体格の12歳の子も、ブランコをはりきってこいで楽しんでいました。

 

青のカバや、パンダにライオンなども作られており、小さいお子さんが座ったりして喜んでいました。

 

芝生には少し山のように盛り上がった場所もあって、かけあがったり、ちょっとした頂上でくつろぐ子供たちもいました。

 

複合遊具は、つながってはいるけどヨチヨチエリアとわんぱくエリアに分かれています。

 

小さいお子さん向けの短く低めのすべり台。

 

リンゴやバナナなど、形に沿って手で動かして遊べる部分も。

その下には星を回転させることで絵柄が変わる部分があったり。

 

わんぱくエリアは対象年齢が6~12歳なだけあり、すべり台の高さもレベルアップ!

ボルダリングみたいにのぼれる部分や、板に大きさの違う丸い穴の開いた物、ロープの網や、ゆがませてあるはしごなどもあって、段差以外にもどこから遊具に入っていくかの楽しさもあります。

その日出会った活発な2歳の女の子は、ヨチヨチエリアではなく、上のお子さんの真似をしたがって果敢に挑戦して中に入っていったので驚きました。

(もちろん、お母さんがつきっきりで危なくないようにサポートしていましたが)

縄での通り道や、下が柔らかい素材の部分になっている部分などメリハリもあったり、結構な高さまでいけたりで、これは楽しいだろうと思いました。

滑り台もカーブを描いていたり、高さも様々で、色なども違っていたりするのも、見た目にも楽しい!

 

ベンチも数ヶ所あるのはもちろん、水道も近くに2ヶ所あるのもお子さん連れには助かると思います。

 

また、お子さん連れで気になるのがトイレだと思いますが、あゆみドームの先にあります。

照明はトイレに入ると自動でついてくれます。

多目的トイレあり。

女子トイレには和式と洋式それぞれあります。

 

西側駐車場や、クラブハウスには自販機もあるので、公園で汗をかいて持参した飲み物がなくなっても安心。

 

まとめ

 

まわりには工場が多数あるので、夏休みなどでも土日祝日などでないと時間によっては帰宅ラッシュにまきこまれるのでちょっと注意しておきたいポイント。

公園内には植物も多いので、目にも優しいしホッとできるポイントかも。

階段があるけど、坂道も用意されているので、ベビーカーや車椅子で来られます。

 

最新情報をチェックしよう!
>魅力度低いけど・・いばらきって意外といいところです

魅力度低いけど・・いばらきって意外といいところです

茨城生まれ茨城育ちの管理人が茨城県の魅力度アップのため、観光地やグルメ情報を発信しております。