年会費無料!EPOSゴールドカードのインビテーションについて解説します

ご覧いただきありがとうございます。

管理人のHIROです。

クレジットカードに年会費を払いたくないという方もいると思います。

ゴールドカードとなると有料のカードが多く、数千円から〇万円というものもあります。

 

ゴールドカードの中で年会費無料で持てるものはいくつかありますが、私が使用しているのはEPOSゴールドカードです。

こちらは一般カードを使用してインビテーションが届いて申し込みすると年会費無料で維持できるので大変メリットがあります。

実際にインビテーションを頂き、EPOSゴールドカード発行をした経験を元に解説していきます。

HIRO
これからインビテーションを狙う方に必見の情報です!

EPOSゴールドカードはこんなカード

年会費については、
  • EPOSゴールドカードの年会費は5000円(税込)
  • インビテーションを受けて申し込みすると年会費無料
  • ゴールドカードで年間50万円利用すると翌年以降の年会費が永年無料
  • 家族カード代わりのファミリーゴールド会員も年会費無料
急いで作りたい方はインビテーションを待たないで利用してしまうのも手です。
無料で維持できるゴールドカードなのに空港ラウンジが利用できたり、ポイントの有効期限がなかったりととてもサービスが充実しています。
その他詳細は公式サイトにてご確認ください。(上記のリンクから飛べます)

私は2度目のEPOSゴールドカードです

私はEPOSゴールド出戻りなので2回インビテーションを頂いております。

ちょっと触れていきますね。


1度目の取得

私は社会人になりたての頃、池袋の丸井でEPOSカードを作成したのが最初です。
腕時計か何かを買いに行った気がします。
当時メインカードではなかったのですが、コンビニなどの小さな会計や、EPOSカードで優待価格で利用できたカラオケなどで利用していました。
月に使っても5万円以下といった使い方です。
カードを作って1年ぐらいした頃、封筒でインビテーションが届きました。
10年以上前の状況ですが、20代前半・年収300万円程度・月の利用5万円以内・カードを作って1年以内・公共料金等の引き落としの設定なし といった状況。
5年前にカード整理をする際に解約しました。
妻と入籍する前ぐらいですが、当時家族カードが作れなかったので余計にリストラ対象になりました。

再取得へ
2021年にEPOSカードのデザインが一新しました。
表面ナンバーレスになりスタイリッシュな券面に変わり、また私が解約したあと家族カードの代わりにファミリーゴールドというサービスが始まりました。家族カードではなく紹介を受けた家族の名義で別にゴールドカードを発行できるというものです。
それまでVISAは三井住友カードを持っていましたが、先に三井住友カードのデザイン一新があり、三井住友カードのイメージが変わってしまい違うカードを持ちたいなと思っていた時期でした。
状況としてVISAは1枚は持っておきたく、使ったこともあるカードでしたので再申込みすることにしました。

一般カードの再申込みは無事可決しましたので、少しずつ利用していずれインビテーションが来ればいいなぐらいのイメージで使っていました。

その後は次の項で。

インビテーションの基準

私がインビテーションをもらうまでに実際に使っていた状況ですが、
  • 一般カードを作って半年ぐらい経った頃
  • 月に1万円程度の利用
  • tsumiki証券を合わせて利用開始した(月5000円の積み立て)
  • 公共料金等の引き落とし設定はなし
この利用実績でインビテーションを頂きました。
届いたのはメールで封筒は届きませんでした。これにはびっくりしましたね。
結局インビテーション自体の詳細な基準は不明ではありますが、私の実例を元にすると30万円とか50万円利用しないといけないとか、1年以上利用していないと来ないとか別なサイトで載っているのを見かけますが、ちょっと適当というか憶測な内容と思います。
利用環境がひとそれぞれなので難しいところですが、持っていて少し使っていればそのうち届くというのが正解かもしれません。
もちろんたくさん使えば早く届くかもしれないですが。

実際に使ってみてメリット・デメリット

デザインは個人の好みですが私は気に入っております。

新しくなったEPOSのロゴ
VISAのマークもオシャレに

使用するカードの条件もほとんどクリアできていまして、

  • 家族カードの代わりにファミリーゴールドが発行できる
  • VISAブランドなので使う場所を選ばない
  • 水戸の丸井は閉店してなくなってしまったし、元々行くことがなかったので問題ない
  • 空港ラウンジはJCBプラチナの提示をするのでこちらの出番はなし
  • 旅行の際のサブカードとして実力を発揮

 

唯一の不満というかデメリットは、GooglePAYに登録ができないのでその点はかなりのデメリットであります。

ApplePayは使えますのでiPhoneユーザーにとっては問題がないと思います。

 

実際にはメインカードとして使うのも悪くないカードだと思います。

有料の1万円程度のゴールドカードと比較してしまうと、サービスが劣るのは当たり前で自分が欲しいサービス次第で合う合わないがあるのは同然です。

無料で持てるスペックでは純分すぎると思います。

 

個人的に感じた部分ですが、デスクの対応も親切です。

以前解約する以前も含めて数度問い合わせしたことがありますが、いつも丁寧に対応頂けました。

私はしっかりと年会費を払ってでも普通な対応を頂きたいのですが、年会費無料のカードでそれをされると本当に頭が上がりません。

まとめ

このページでは年会費無料で持つことのできるEPOSゴールドカードについて解説していきました。

これからインビテーションを狙う方にはぜひ頑張っていただきたいと思います。

私の経験上はあまりインビテーション自体は難しくないので、まずは一般カードを作って利用していけば問題なく届くと思います。

最新情報をチェックしよう!