【旅ログ】【Vlog】磯の生き物探しin白浜

白浜の円月島付近に磯場が広がっています

みなさん白浜(和歌山県)には行った事はありますか?アドベンチャーワールドや白良浜は有名ですが、もう1つ絶景スポットがあります。それが「円月島」です!!!時期とその日の気象状況が合えば夕日が円月島の穴の中にスッポリハマってくれるのですが、この日は残念、、、

私が注目したのは、その周辺に広がっている岩場。まだまだ肌寒いですが、様々な生き物が姿を見せてくれました。紹介動画はこちらになりますので、是非動画と共にお楽しみください。↓↓↓

https://youtu.be/qAec7SQ7Oy8

色々な生き物を発見!!!

まず発見したのはフジツボ!海の中にいるときは先端から触手を出してプランクトンをからめとって食べます。そして次に発見したのはカメノテ。こういうところのを勝手に採ると漁業権に抵触する恐れがあるのでやめておいた方が良いですが、スーパーでたまに売られています。味噌汁に入れると磯の良い香りが漂ってきます。ダシとしてはすばらしい!!!

続いて出てきたのはマツカサガイの仲間。磯にがっちり固定されているので、ちょっとやそっとじゃ離れない、、、というより本気で力を入れていもなかなか外れない、、、彼らは進化的な戦略上わざと海の外に出ているのですが、その訳は長くなってしまうのでまた別の機会で。他にもキサゴやヒザラガイなど、多種多様な貝がいましたよ。

そしてかなりいたのがヤドカリ。正式にはホンヤドカリだと思われます。小さいものだと米粒の半分位のサイズで、よく見ないと気付かないレベル。驚いたのはそんなに小さな貝殻が存在するの!!!という事。逆に言うとそれだけ多くの巻貝が死んでいるという事を気付かされました。

どんどんいきましょう。続いてはイソギンチャク。こちらは正式名称ヨロイイソギンチャクかと思われます。指でつっつくなど刺激を加えると触手を縮米てしまうのは有名な話ですが、たまたまエビを食べているシーンを目撃!(エビがイソギンチャクの口の中に突っ込んでいきました)すると触手を若干ではありますがグニグニと動かしているのです(動画を見ていただけるとその様子がお分かりかと思います。)途中、口の中で暴れるエビに抵抗したからなのかでしょうか?一瞬激しく触手を動かすシーンがあります。イソギンチャクのモグモグタイムは意外な一面を見せてくれました。

そして奥の方に行くと、お魚が泳いでいました。覗き込むと岩陰に隠れてしまうのですが、すぐスズメダイと思われる魚が泳ぎ始めました。それからしばらくするとハゼっぽい魚が姿を出してきましたが、警戒心が物凄く強くて体全体は見せてくれませんでしたね。

タコノマクラの殻を発見!!!

更に奥を探索すると、潮だまりの中にタコノマクラ(ウニの仲間)の殻を発見。直径20cmクラスでしっかり形が残っている物はなかなか見つけられないですよ!!!ただ、潮だまりの少し深い所に漂着しました。そこで、靴下を脱ぎ、素足で海の中に入り、木の枝を使ってなんとかGET!!!良いお土産が出来ました。みなさんも白浜(近隣のアドベンチャーワールドか白良浜のついでに)行った際は円月島付近の岩場もチェックしてみてください。